HOME > 山尾しおりのブログ > 山田洋次監督からのメッセージ

山田洋次監督からのメッセージ

2014年11月25日

 嬉しいメッセージを頂きました。

 「山尾しおりさんを推す。
  なによりも、この国が正しい道理の通る国であってほしいと切実に思います。今の歪みきった政治を正すために、ぼくの若い友人で、聡明でナイーブな感性の持ち主である山尾しおりさんのような人が国政の場に立って発言し行動することを、期待してやみません。   山田洋次(映画監督)」

 アニーを演じていたころに監督と知り合った10代
 司法試験になかなか合格せず、将来を悩んでいた20代
 検察官となり、その後、政治の世界に身を投じた30代

 頻繁にお会いできるわけではないけれど、人生の節目節目で、話を聞いて頂きました。
 迷ったとき、進む道を照らして頂きました。
 長男が生まれたときには、一番に自宅に会いに来てくださいました。

監督の作品である「小さいおうち」で描かれた1935年から1945年までの日本。
 戦争に向かっていくこの国の10年に、何が起きていたのか。
 今の日本の政治の歪みが、あの10年に重なります。

 やっぱり、政治家を続けなければ。
 わたし、国会に戻らなければ。
 一人ひとりのささやかな暮らしと命を守るために
 戦争の時代を生きてきた、この国の平和を願う人たちのために。
 そして、若者たち、子どもたちに、道理のとおる国を手渡すために。