私は闘い続けます

2012年12月31日

選挙戦が終わり、今年も幕を閉じようとしています。
 今回の選挙、結果を出すことができませんでした。
 負けたことよりも、信頼に応えていく仕事の場を失ったことに対して、申し訳ない思いでいっぱいです。
 厳しい政治不信の中にも関わらず、希望を託して下さった皆さん。
 私自身の力不足を心からお詫び申し上げます。
 
 今回の結果は必要な試練だったと後に振り返ることができるように、反省を教訓に、そして力に変えたいと思います。

 私を政治家として育ててくださった地元の皆さんの声を、この耳で、しっかり聞いていきます。
 この目で、見て回ります。
 この足で、歩いていきます。
 自身の不足を補い、鍛え、皆さんに誇りに思って頂ける地元の代議士として、今ひとたび信頼に応えられるように、もう一度修業です。

 選挙のルールにより制限があるため、支援してくださった皆さんに対して、なかなか意をつくせませんが、素晴らしい支援者に恵まれました。
 この恵みを、国民と国家にお返しするために、私は闘い続けます。

 1月5日朝6:00〜より、みのもんたのサタズバッ!に生出演が決まりました。
 貴重な発信の場ですので、上京して、自分の考えをはっきり話してきたいと思います。
 その足で、瀬戸の新春交歓会には遅れての参加となります。

 皆さんにとって、2013年が素晴らしい年となりますように、心をこめて祈ります。

決意表明 ‐ 選挙を前に最後の更新です

2012年12月 3日

いよいよ明日、公示の日を迎えます。

 

 私は、

  ◯ 他人の批判よりも、自分の考えを伝える

  ◯ 選挙だからといって、ぶれることなく、信念を貫く

  ◯ 成果は率直に伝え、反省は教訓に変えて、誠実に訴える

 

 この3点を心に戒め、選挙を通じて政治への信頼を立て直し、結果を出したいと思っています。

 

 今、午後10時を過ぎました。

 厳しい党勢のなか、不安感や焦燥感があることも事実です。

 

 しかし、改めて、自分自身の心に問いかけます。

 私は、何のために、働くのか。

 

 1度きりの人生、自分のためだけに生きるのではなく、他人のために役に立つことで、この人生を豊かなものにしたい。

 

 そして、できれば、営利を目的としない「公」の仕事を通じて、弱い立場の人のために闘わせてもらいたい。

 

 その志は、検察官であったときも、政治家である今も、変わりません。

 

 加えて、2歳の息子を育てる母となった今、政治を選択できない子どもたち、将来世代のために、責任をもって、いい国をつくりたいと心の底から思います。

 

 そう思うと、無意味な不安感や焦燥感が消えていきます。

 身の丈以上には飾れません。

 しかし、自分の志をまっすぐに訴えて、皆さんに判断を仰ぎます。

 

 

 このホームページには、街頭演説の動画や政策ペーパーもアップしてあります。政策という枠からはみ出る部分も、ブログで綴ってきました。

 私は、自分の言葉で、自分の考えを伝えることを大切にしてきたつもりです。

 どうか、読んで、聞いてください。

 

 そして、子どもたちが持っていない1票を、子どもたちが育っていくこの日本をよくするために、使って頂ければと、願います。 



ポスター画像2.jpg

ホームページ・ブログ更新一時ストップにつきまして

2012年12月 3日

衆議院選挙公示日(12月4日)より投票日(12月16日)までの間、公職選挙法の制限によりホームページ・ブログの更新が一切できなくなります。
ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

瀬戸、尾張旭、長久手、日進、東郷、豊明、大府の各所へ参ります。街角、駅、スーパー等々、お見かけの際に一声かけていただきましたら嬉しく思います。
また、お気軽に事務所へお立ち寄りください。
 
その他、ご不明な点やご質問等、事務所(0561-55-0800)へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。