ペイ・フォワード

2008年11月30日

  皆さん、「ペイ・フォワード」という言葉を知ってますか?
  「ペイ・バック」ではなく、「ペイ・フォワード」。
  「恩返し」ではなく、「恩送り」という考え方です。

  1人の人から思いやりの心をもらったら、
  次の3人に思いやりの心を送っていこう。
  そうやって世界を思いやりの心でつないでいこう。
  そうすれば、世界が変わる。
  こんなアイディアのことだと、私は受け止めています。

  そして、尾張旭には、こんなすてきな名前をつけた少年野球チームがあります。
  「ペイ・フォワード」
  その1周年をみんなでお祝いし、感謝の心を伝え合う会に招いていただきました。

  ご両親やコーチ、監督、地域の皆さんが、手作りで、大事に大事に育ててきた
  その思いがぎゅっと詰まった、ほんとに暖かい会でした。
  そして、その思いを肌で感じながら、歌で、手紙で、「ありがとう」を伝える子どもたちに出会えました。
  
  お招き、どうもありがとうございました!

雅楽

2008年11月23日

 リニモの「はなみずき」駅前で、イベントに参加してきました。

 イルミネーションの点灯で、「あと1ヶ月でクリスマスだなあ」と実感。
 
 写真は、演目「蘭稜王」を終えた雅楽同好会のみなさんとの写真です。

子どもたちを守る

2008年11月 7日

 今日も、住宅街で、マイクを握って話をしていました。
 「私は、犯罪が、くらしや命を壊す場面をたくさん見てきました。だからこそ、皆さんのくらしと命を守る役に立ちたいんです。」
 こう話していたら、ちょうど学校帰りの小学校1年生に囲まれました。
 
 「なんで、誰もいないのにマイクで話してんの?」
 「犯罪って何?」
 「政治家って何する人?」
 「政治家には、どうやったらなれるの?」
 と質問攻めにあいました。

  ウソのないように、でも、少しでも分かってもらえるように、汗かきながら話しました。
  
  そうこうしてたら、その後に来た、お友達に
  「この人、命を守ってくれるんだって!」
 と大声で伝えてくれました。

  その声を決して忘れずに、
  そしてまた、子どもたちへの質問に対する、もっといい答を探しながら
 これからも活動を続けていきます。


アメリカ大統領選

2008年11月 6日


 昨日のアメリカ大統領選。
 オバマ大統領の勝利、みなさんどうご覧になりましたか?

 同じ民主党だから嬉しい!ということではなく、
 日本と同じく、不況とくらしの不安にあえぐなかで、
 アメリカ国民のみなさんが
 変化をおそれず、変化に期待し、変化を選び取ったことに
 尊敬の念を感じました。

 また、これまで投票所に足を運んだことのない人を含め、
 彼が彼女が3時間、4時間の列を作り
 自らの1票で、政治を動かし、
 自らの手で、自国の未来を切り開こうとした
 その主体性に、心を動かされました。