衆議院解散の時期

2008年3月21日

 今日の新聞に、衆議院解散・総選挙に関する、自民党議員のこんな談話が載っていました。

 「こんなに内閣と自民党の支持率が低いときに選挙をすれば、当選する可能性は非常に低い。それはぜひ避けてほしいと多くの議員が思っている。」

 私は、この談話が活字になっていることにびっくりしてしまい、2回3回読み返しました。
 やはりこのとおり書いてありました。

 衆議院解散の時期って、特定の党の議員の議席を守れるかどうか、こんなことで決めていいんですか?
 「党の議席にとっての損得が、解散時期の判断基準になる」これを当然とするようなコメントが、当たり前に流されるのっておかしくないですか?
 衆議院解散の時期って、「今、もう1度国民の意見を聞き直す必要があるかどうか」で決められるべきじゃないんですか?
 
 衆議院は、常に、前回の衆議院選挙のときの国民の意見を反映して構成されています。
 
 そして、前回の衆議院選挙から時がたつと、当然、国民の意見というのも多かれ少なかれ変化していきます。
 その変化の度合いが大きい場合には、衆議院の構成と国民の意見との食い違いをなおすため、解散総選挙によって、今の国民の意見をきちんと衆議院の構成に反映させることが必要になります。
 
 同じく、前回の衆議院選挙から時がたつと、その選挙のときは問題にならなかった、新しく大事な争点が出てくることもあります。
 そうした場合には、その新しい争点に対する各政党や各国会議員・候補者の意見を明らかにした上で、解散総選挙によって国民の意見を問い直し、新しい争点を前提とした国民の意見をきちんと衆議院の構成に反映させることが必要になります。

 衆議院の解散は、前回の選挙で明らかになった国民の意見を一旦白紙に戻すような行為です。
 だからこそ、衆議院の解散というのは、
「もう1度、国民の意見を聞き直す必要があるかどうか」
 この観点から決せられるべきだと、私は思います。
 
 それなのに、「いつ解散すれば、特定の党の議員の議席を守れるか」
 もっといえば、「いつ解散すれば、自分の党にとって得か」

 衆議院解散の時期が、この観点で、当たり前のように語られるのは、
 前回の衆議院選挙のとき、自分なりに考えて1票を投じた一国民として、馬鹿にされたような気がします。
 
 「現実の政治の世界はそんな甘いもんじゃない」
 そういう感想を持たれる方もみえるかもしれません。

 でも、
 「原理原則にのっとって、真摯に政治活動を続け、それでも落選して無職になりうる」
 その厳しさこそが国会議員の世界、そして国会議員を目指す者の世界だと、私は思います。

 みなさん、どうお考えでしょうか?
 
 ちなみに、「こんなに自民党の支持率が低い」のに、衆議院は自民党が多数を占める構成になっている今の状況。
 私は、衆議院の構成と国民の意見との食い違いをなおすため、「もう1度国民の意見を聞き直す必要がある」状況だと思っていますが、この点についても、みなさんのご意見、お聞かせください

恩師

2008年3月20日

  みなさん、「恩師」という言葉を耳にしたとき、どんな方の顔が思い浮かびますか?

  私は、これまでめぐりあった先生方の顔が、たくさんたくさん頭の中に浮かんできます。
     
   校舎の隅っこで育てていた捨て猫が死んだとき、一緒に泣いてくれた先生
  「そんなことしてると、愛のむちだぞ!」と脅かすフリをしながら、その後の笑顔が誰よりも優しかった先生
   卒業の後手紙で悩みを打ち明けたら、「ワン・モア・タイム」という素敵な映画のビデオを送ってくれて、一気に心のつかえを取り除いてくれた先生
   大学受験の前期試験に落ちた報告をしたとき、表情も変えずに「後期で受かるから帰って10日間勉強!」と送り出してくれた先生
  (その後、後期試験で合格したら、「ほーら、言ったとおりでしょう」と、ニヤリ笑ってくれた!)

  あとからあとから、色んな先生の顔、色んな先生とのエピソードが浮かんできます。
  そして、多くの先生が、心を温めてくれたし、心を強くしてくれました。
  その意味では、私は、幸せ者だなあと思います。
 
  そして、こうやって書き連ねてみると、先生との関わりの中で、何が心を暖かくしてくれたか、何が心を強くしてくれたか、少し分か るような気がします。
  先生の言葉、先生の行動、先生の表情、色々あるけど、結局は

  「私のことを知っている、私のことを心配している、私のことを助けようとしてくれている先生が、今ここにいる」

  というその実感かなあという風に思います。

  
  今日は、愛知県教員組合の定期大会に列席してきました。
  今、多くの先生方が、報告書作成などお役所仕事に時間をとられて、生徒と触れ合う時間を奪われているとも言われています。
  生徒も先生も、お互いが「触れ合い」の時間を求めているのに、
  その機会を、お役所仕事が奪っているとしたら
  ほんとに馬鹿馬鹿しい話です。

  子どもたち1人1人に、
  「私のことを知っている、心配している、助けようとしてくれている先生が、今ここにいる」
  その実感を持って欲しいと、心から思います。

  そして、少し大人になって「恩師」という言葉を耳にしたとき、心が温かくなって、懐かしく思い浮かぶ顔があって欲しい。

  そのためにも、先生方から、子どもと触れ合う時間を奪うような今の仕組みを変える必要がある。
  そんな思いを強くした1日でした。

豊明で街頭活動

2008年3月18日

 今朝は、抜けるような青い空の下、豊明市で街頭活動してました。
 台の上に乗るのは、いつも気恥ずかしいです。
 でも、私は、声はでかい割りに154cmのちびっ子なので、
 そのまんまで交差点に立ってると
  「声は聞こえど、どこにいるか分からない」
 状態になってしまうんです。

大府の子どもたち

2008年3月17日

 今朝は、大府駅前で挨拶していたところ、参議院の谷岡郁子議員が助っ人にきてくれました!
 谷岡議員は、昨年の参議院選挙で当選した、愛知県初の民主党からの女性国会議員です。
 逆に言うと、昨年まで、愛知県には民主党女性国会議員がいなかったんですね。
 
 大府駅前は、黄色い帽子をかぶった集団登校の子どもたちが、たくさん通りかかります。
 「おはよー!」と声をかけると、
   「おはようございまーす」と元気に返事する子
    困った顔で下を向いちゃう子
    友達と顔を見合わせて、くすくす笑う子
 色んな子がいます。その反応がかわいくて、その反応を見たくて、ますます声をかけたくなっちゃいます。

一斉行動日

2008年3月16日

 今日は、「一斉行動日」なるものでした。
 みなさん、「一斉行動日」って聞くと、どんなイメージ持ちますか?

 私は、最初にこの言葉聞いたとき、思い浮かべたのは
 世界中の人が、同じ瞬間に、地球上で一斉にジャンプするみたいな
 そうすると、地球がすっごく揺れるんじゃないかみたいな
(そんな感じのイベントありますよね!?)
 そんなイメージでした。

 実際は、ある1日を設定して、皆さんにご協力いただいて、
 一斉にポスターを貼り出したり、一斉に広報誌をお配りしたり
 という活動のことを言います。

 そして、今日、現職の議員さんや、議員の秘書さん方や、学生さんたちが
 事務所に集まってくれて
 ポスターの一斉貼り出しに協力してくれました。

 もちろん、地球が揺れることはなかったけれど
 ふとした街角に、ポスターが貼ってあると、「あ、こんなところまでお願いして貼ってくれたんだ。。。」と
 感謝の気持ちでいっぱいになります。

赤池駅でご挨拶

2008年3月14日

 今朝は、冷たい雨が降ってました。
 
 日進市の赤池駅で早朝のご挨拶をしていたのですが、
 雨の日は、皆さん傘をさして足早なので、声をかけるのが申し訳ないような気持ちになってしまいます。

 でも、「今ここにいる方に、もう1度会う機会はないかもしれない!」という一心で、今日もご挨拶を続けました。

 そういえば、今日はホワイトデー。
 なんで、バレンタインデーのお返しの日が「ホワイトデー(白い日)」なんだろ。
 マシュマロの白???
 
 ふと気づけば、今年は、旦那さんにバレンタインデーのプレゼント渡してませんでした!

20080320.jpg

定光寺

2008年3月13日

 今日は、瀬戸市の定光寺周辺をたずねてきました。
 里山に囲まれ、日本の風景のすがすがしさ、美しさを感じさせてくれる景勝地です。
 
 定光寺は、徳川家康の子、義直の菩提寺だそうです。

 約3か月前まで暮らしていた岡崎市は、徳川家康生誕の地でした。
 
 図らずも、瀬戸市と岡崎市の結びつきを感じることができた嬉しいひとときでした。


みそおでん

2008年3月12日

 数日前のことで恐縮ですが、やっぱりこの感激をブログで伝えたい!
 写真は、「おでん」です。
 われらが事務所のドン、Tさんが作ってきてくれたんです。
 
 私、おととし愛知県で暮らすようになって、初めてコンビニエンスストアでおでんを買ったとき、
  「みそですか?からしですか?」
 という質問に、一瞬頭が???になりました。
 おでんにみそって、アリなの?って思ってました。

 そして、アリかナシかしっかり自分の舌で確かめることをせずに、からしで食べてしまっていたんです。。。

 しかし、Tさんのおでん!
 濃いいみそに、牛すじが、ちくわぶが、玉子が、漬かりまくって、最高に美味しかった!!
 
 とんちゃん好きなんだから、味噌煮込みうどん大好きなんだから、あんかけスパ大大好きなんだから
 みそおでんだって好きになるに決まってたのに
 これまでこの美味しさ知らなかった。

 無知って怖いですね。。。

桜の里日本

2008年3月11日

 今朝の街頭でのごあいさつは、尾張旭市の交差点でした。
 
 初めて街頭でマイクを握ったのが今年の元旦。
 そして、それから2か月あまり経ちました。
 最近の朝の空気のやわらかさは、心までほどいてくれます。

 となると、次は、桜の咲くころが待ち遠しいですよね。

 私の名前、「山尾しおり」は「山尾志桜里」と書きます。
 父と母が、「桜の里日本のために働く、そんな志を持って生きていって欲しい」という願いをこめてつけてくれました。
 名前にこめられた両親の思いは、苦しいとき辛いとき、いつも私の原動力です。

 そういえば、今日は母の誕生日。

 一緒の場でお祝いはできなかったけど、「桜の里日本のために働く」その志を持ち続け、そしてかなえることで、少しでも両親の思いにこたえることができれば・・・なんて思った1日でした。

山尾しおりと語る会

2008年3月10日

 今夜は、ほんとに楽しい時間を過ごしました。
 10代、20代の若者たちを中心に、約20名が、事務所をたずねてきてくれたんです。

 お題は「山尾しおりと語る会」だったのですが
 結局、みんなの前で、私が、マイライフ33年を走馬灯のように振り返るという
 「山尾しおりが語る会」になってしまった。。。 

 でもでも、小1時間過ぎて、私が「検事を辞めた後、愛知7区総支部長になった」くだりに差し掛かったあたりで、
 我に返りました。

 その後は、みんなと楽しく「語り合い」ができた、はず。
(みんなあ!楽しかったですよね!?)
 
 
 なぜか、私たちの社会には、
  あんまり早いうちから、子どもや若者を「政治」の世界に接触させないほうがいいよね。。。
 というような雰囲気があると思うんです。
  この雰囲気の源には、「政治は汚いもの。大人の世界。」というイメージがあるのかもしれません。
 
 でも、これからの社会、若者にこそ
  私たちが議員を選び、私たちが政治を作る!
  もし政治が汚いものであるなら、きれいなものに変える!
  私たちは、汚い政治をつくる大人にはならない!
 という大きな声をあげてほしい。

  この声こそが、政治を変える力そのものだと思うんです。

  まだ20歳になってないから選挙権がない
   とか
  選挙区に住んでない
   とか
  そんなの、どうでもいいんです。

  今日きてくれたみんなが、私の事務所や活動を通じて
  政治に対する自分自身の声を見つけ、発信してくれたら、
  こんなに嬉しいことはありません。

伴野議員と大府で街頭活動

2008年3月 3日

 早朝から、大府市内の交差点で、伴野豊衆議院議員と一緒にマイクをとらしていただきました。
 伴野議員は、知多半島を中心とする、おとなり愛知8区の議員です。
 
 これからお仕事という忙しい朝に、車内から手を振ってくれた方
 通学途中に、「おはようございまーす」と元気な声をくれた小学生
 犬とお散歩しつつ、広報誌を受け取って、「がんばってねえ」と励ましをくれたお母さん 

 ありがとう!がんばります!! 


民主党愛知県連大会

2008年3月 2日

 午後から、民主党愛知県連大会に出席してきました。
 愛知県の新人候補ということで、決意表明のご挨拶の機会を頂きました。

  「私たち民主党は
   希望を見失った人を、絶望の中に取り残さない。
   まじめに働く1人1人のくらしに、安心感を取り戻す。
   政治を変えて、生活を変える。
   変える力の一員になるべく、全力で走り抜けます!」
 
 と、いうようなことをご挨拶してきました。
 何だか文字に直すと、多少こそばゆいような感じもしますが、本当の気持ちです。


長久手文化の家で「天狼騎士団」を

2008年3月 1日

 久々にお芝居を観てきました!
 場所は「長久手文化の家」、演目は「天狼騎士団」。
 
 舞台装置、音響、衣装、演出、どこをとっても本格的でビックリ!!
 そして、何より、出演しているみなさんの情熱と迫力。
 演じる喜びが、ストレートに客席に伝わってきて、胸が熱くなりました。

 私も、小学校に入学してすぐお芝居と出会って、演じる喜びのとりこになりま
した。
 
 一番初めにお芝居をしたのは、「星の王子さま」でした。
 手作りの小さな小さな会場でした。
 その中で、ずっと心に残っているこんな台詞があります。
「大切なものは、目に見えないんだよ(The most essential thing is
invisible to the eye)」
 という台詞です。

 その後、「赤毛のアン」や「チャーリーとチョコレート工場」といった小さな
お芝居を経て、
「アニー」に出会うことになりました。

 「アニー」とともに過ごした約2年間のことは、おいおい是非みなさんにお話
しできたらと思っています。

 何はともあれ、今日、素晴らしい2時間をプレゼントしてくれた、長久手町劇
団「座★NAGAKUTE」のみなさんに感謝!